スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

クレセグロスの安定感がハンパない件w

主流であるクレセグロスの基本的な立ち回りを確認、その安定感にワロタ。


初のダブル&公式戦への参戦に向けて、準備を進めているんですが
まず使用率の高いポケモンを使ってみよう、ということでトレインに乗りました。

結果、運も多少絡んでますが、、あっさり49連勝(継続中)。。

このクレセグロス、ものすごい安定感故の使用率の高さに納得できましたww

これまで、スーパーダブルトレインで49連勝したパーティは
ガブリアス、サンダー、ウインディ、ポリゴン2の全アタッカーでしたが
これらを凌ぐのが、クレセグロスの安定感。

すでに有名な型になってるので、詳しく説明することはしませんが
ひとまず、クレセグロスの基本的な立ち回りは、以下のとおり。

相手の素早さ+耐久にも依存しますが、グロスにラムorキーのみ所有で

(1)1ターン目 クレセ:グロスにいばる、グロス:攻撃技
(2)1ターン目 クレセ:でんじは、グロス:まもる
   2ターン目 クレセ:グロスにいばる、グロス:攻撃技

クレセは耐久が高いし、グロスも耐久調整すれば基本一撃では落とされない。
#まぁ、大抵のグロスは耐久調整されてますねw

そこに、クレセの補助技とグロスの攻撃力、、安定しないわけがないですねw

「まもる」を絡めることで、もちろん長居も可能です。
そりゃ、使用率の高いコンビだよなぁーと思います。

で、そんなクレセグロスのメタ&どんな先発でも等倍を保てるのがウルガカポ。

クレセとグロスに抜群をとれるウルガモスに、ねこだまし1体を止める。

対面では、確実にどちらかを持って行けますね。
交代を余儀なくなれるという点からも、このコンビも優秀だと分かりますね。

今回は、対面での立ち回りを確かめるという意味でトレインに乗りましたが
まずは3月までに1度レーティング環境に足を踏み入れてみようかなーと思ってます。

選出読みや交代読みが絡んでくるので、たぶんそう簡単には勝てないでしょうw
category
プレイ雑記

Comment

Trackback

http://coulombeginers.blog.fc2.com/tb.php/288-e48a847f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。