スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

カントーカップで対策しておくべきポケモン

今週2/15よりエントリー開始のカントーカップについて、ちょっと予想。


ルールは、カントー地方のポケモンのみ全国図鑑No.1〜149で
レベル51以上はレベル50に合わせる、6350のシングルバトルですね。

煽り文句で「ポケモン赤・緑の再現!?」とあるんですが
当時はレベル合わせが無く、いろんなルールがありましたね(3体合計レベルが155とか。

■要対策ポケモンを予想

私自身は、カントーカップに出るわけではないんですが
どういうポケモンが使われるのか、やっぱり気になるので事前に予想。
自分が出るなら、という観点で殴り書きしていきますw

まずBW環境でも活躍している4体は、多くの確率で入ってくるかなと。

カイリュー(マルチスケイル):ドラゴン・ひこう
カントー唯一のドラゴンタイプであることに加えて
鋼タイプが実質レアコイルのみなので、めちゃくちゃ出てきやすいでしょう。
対面するパーティによっては、げきりん安定になりかねない。。

サンダー (プレッシャー) :でんき・ひこう
個人的に大好きなポケモン
いわゆる結論パの一角として残ってるだけあって、タイプが優秀。
準伝説ならではの高水準な種族値で、耐久を活かした戦い方は厄介そのもの。
電気タイプや飛行タイプに優秀なポケモンが少ないことから、めざパ飛持ちが主流か・・・。
めざパ氷は使える場面が限られるし、ゴリ押しが効きます(めざパ飛

ヤドラン (さいせいりょく):みず・エスパー
いわずと知れた物理耐久の筆頭で、意外に高い特攻も脅威になり得ます。
眼鏡持ちの特殊アタッカー型もかなり使えて、さいせいりょくで回復しながら〜みたいな。
同じタイプ&技のデパート:スターミーとの違いは、やっぱり耐久面。


ここら辺りはBW環境でもマークされていると思ってます。
そして、この3体を補完する形で選出されそうなポケモンは

キュウコン(ひでり)    :ほのお
実際には、格闘タイプやげきりんだったり、色々と強化されたウインディとの選択。
差別化というのはどうかと思いますが、唯一特性で天候を変えることができ
待ち無しでソーラービームを撃てるのは脅威だと思います。。(草が必要になるかは疑問

ウインディ(いかく)    :ほのお
キュウコンとの選択ではありますが、ウインディの技の広さは魅力!!
フレアドライブ、インファイト、げきりん、ワイルドボルト、しんそく・・・
どの技も、対人戦ではかなり有利にはたらく「しんそく」持ち。
まともな格闘タイプがカイリキー程度だし、格闘技をウインディに託す可能性大。

パルシェン(スキルリンク) :みず・こおり
カイリューやサンダーとの対面で役割を持てる、岩タイプ技持ちの筆頭。
エスパー対策も込めてゴローニャの選出はありですが、氷タイプも使える点を評価!
タスキorスカーフ、どちらでも腐らずに一定以上の活躍ができそう。


あとは、、みず・じめんタイプを意識する必要がないという点で
草タイプの選出は減るんじゃないかな、、出てきてもフシギバナですかね。。

他にはゲンガー、サンダース、シャワーズへの意識は必要なのかな。。
岩への一貫性が出てしまうことに目を閉じるなら、ギャラドスもあると思います。


まぁ、上記に挙げたポケモン以外も活躍する大会であることを楽しみにしておきますww
category
プレイ雑記

Comment

Trackback

http://coulombeginers.blog.fc2.com/tb.php/280-2724ff8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。